アンチエイジングケアにおススメする成分ってなに?

アンチエイジングに効果が期待が出来る化粧品には色々あるのでどれを選んだら良いのか正直迷ってしまいます。

そこでアンチエイジングに良い成分を紹介します。

アンチエイジングケアの選び方として良い成分が入っているかどうかを基準にして選ぶと効率の良い選び方が出来ます。

アンチエイジングに良い成分1つ目は「コラーゲン」です。

コラーゲンは美肌成分として広く知られていますが、アンチエイジングに関連する効果として肌にハリや弾力を与えてくれます。

さらに、肌の土台となり若々しい肌づくりに必要な成分です。

コラーゲンは元々人間の肌に存在しているものですが、30代以降は体内でコラーゲンを生み出す力が減って、コラーゲン量はどんどん少なくなります。

30代以降に肌の悩みやトラブルが増えたと感じるのはコラーゲンが減少し始まることも原因のひとつとなっており、肌の衰えや弾力が失われ老化を促進させてしまいます。

年齢を重ねてもコラーゲンの減少を食い止めるためにもコラーゲンを配合している化粧品は有効です。

最近は低分子コラーゲンという形でコラーゲンそのものを吸収しやすい状態になって化粧品に含まれているものが増えているので、低分子コラーゲンを配合している化粧品をアンチエイジングケアとして使うことでより効果的に肌にコラーゲンを浸透させ、弾力や滑らかさを取り戻して健やかな肌を目指せます。

アンチエイジングに良い成分2つ目はヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は肌の水分保持に優れている成分で、こちらも肌に良い成分として注目されています。

コラーゲンに水分や潤いを与えて、肌の表面を乾燥から守る効果によって乾燥による老化を抑制しアンチエイジング効果につなげてくれます。

元々体内に存在している成分ですが、加齢とともにどんどん減ってしまいます。

ヒアルロン酸の減少を食い止めるために、こまめに補給をすることが効果的にヒアルロン酸を肌に摂り入れられ乾燥によるトラブルや老化を防ぎ、若々しい肌へと導きやすくします。

アンチエイジングに良い成分3つ目はエラスチンです。

エラスチンはコラーゲン同士を絡めて固定する役割を持ち、肌のたるみやシワを予防する効果が期待できる成分です。

エラスチンも年齢とともに作り出す力が減ってしまうので、エラスチンを含む化粧品で補給をし、同時にコラーゲン同士を結合させる働きを高めることでたるみやシワによる老化を抑えて若々しい肌づくりをサポートします。

アンチエイジングに良い成分4つ目はレチノールです。

レチノールは皮膚を強化してニキビや肌荒れを改善したり、細胞分裂を活発にして代謝を良くし、肌のキメを整える効果が期待出来る成分です。

肌のキメを整えると言うことは同時に毛穴を目立たなくする働きもしてくれるので、アンチエイジングケアと同時に毛穴ケアも出来ます。

アンチエイジングに良い成分5つ目はビタミンCです。

美肌成分と言うイメージもあるビタミンCは抗酸化力によって、肌の老化で増えてしまう活性酸素を取り除く働きを持つ成分です。

さらに日焼けや色素沈着の原因となるメラニン色素を抑制したり、皮脂分泌を正常化したり、コラーゲンを生み出す力を高める働きも期待出来ます。

しかし、ビタミンCは酸化しやすく、肌に浸透しにくい特性を持ちます。

そこでおススメしたいのが、ビタミンCの効果をそのままに肌に浸透しやすい形にしたビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使うことでビタミンCと同等の効果を得られ、老化を防いでアンチエイジング効果へとつなげます。

アンチエイジングに良い成分6つ目はセラミドです。

セラミドは細胞と細胞をつなぐ役割をする成分です。

アンチエイジング効果として、肌を乾燥から守ってシワを予防します。

肌のキメを整えてニキビを防ぐ効果も期待出来ます。

セラミドも加齢と共に減ってしまう成分で、セラミドが減ると乾燥が促進されるのでシワにつながり老化を進めてしまうことになります。

セラミドの中でもヒト型セラミドという元々人間に存在しているセラミドに近いセラミドを含んだ化粧品がアンチエイジングケアに有効です。

肌に優しく働きかけ、負担をかけずにアンチエイジングケア出来ます。

よって、アンチエイジングケアに良い成分は老化を抑えて肌コンディションを高める働きをすることが分かります。

また、成分同士を助け合い、より効果を高める相互作用によってアンチエイジング効果も高まるので1つの成分だけでなく色々な成分を含んでいる方がより効果が期待出来ます。

エイジングケア化粧品でおすすめ:コンシーダマル