ワキガ対策クリームって結局どれがいいの?

ワキガで悩んでいる人にとって、心強い味方になってくれるのがワキガクリームです。

ワキガには手術や投薬といった治療方法もありますが、ワキガクリームを使えば、自宅で手軽にワキガの症状を抑えることができます。

ここでは、効果的なワキガクリームの選び方についてご紹介します。

ワキガには、アポクリン腺という汗腺から出る汗が関係しています。

人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類がありますが、このうちエクリン腺から出る汗は無色透明です。

一方、アポクリン腺からは白く濁った汗が出て、雑菌が繁殖しやすくなっています。

ワキガの嫌な臭いは、アポクリン腺から出る汗と、そこから生じる雑菌が原因なのです。

したがって、ワキガの症状を和らげるには汗と雑菌の両方を抑える必要があります。

ワキガクリームを選ぶときは、制汗効果だけでなく、雑菌をガードできるよう殺菌効果のあるものを選びましょう。

具体的にどんな成分が有効なのか、詳しくご紹介します。まず初めにご紹介するのは「ミョウバン」です。

ミョウバンには、汗を抑えて雑菌の繁殖を抑える効果があります。

もともと天然由来の成分なので、肌が弱い人でも安心して使えます。

敏感肌でワキガに悩んでいる人は、ミョウバンが配合されているワキガクリームをチェックしてみましょう。

ちなみに、天然由来の成分といえば「柿渋エキス」もおすすめです。柿渋は雑菌の繁殖を抑える効果があり、日本では昔から防腐剤として使われてきました。

汗の量を劇的に減らせるわけではありませんが、消臭という視点に立てば柿渋はかなりの効果が期待できます。

次におすすめなのが「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分です。

この成分は汗腺にフタをする効果があるため、物理的に汗の量が減らせます。

汗が少なくなることで雑菌も繁殖しづらくなるため、ワキガ対策に有効というわけです。

汗がたくさん出て衣類が黄ばむという人にもぴったりな成分です。また、ワキガクリームはある程度継続して塗らなければいけません。

即効性の高いワキガクリームでも、やはり数回は塗る必要があります。

そのため、肌への刺激がなるべく少ない製品を選ぶようにしましょう。とくにわきの下は皮膚が弱い部分です。

刺激の強いワキガクリームを使い続けると、かぶれや炎症といった副作用が出るかもしれません。

効果的なワキガクリームを選びたいなら、制汗・殺菌効果があり、かつ使い続けても肌への負担が少ないものを探してみましょう。

特に今一番売れているワキガクリームは「ノアンデ」というクリームです。

殺菌能力が100%ということが証明されたようで、今飛ぶように売れています。

判断に迷う場合は、ノアンデを選んでみてもいいでしょう。

ノアンデが最安値で紹介されているサイトは以下のところでした。

参照:ノアンデ最安値キャンペーン