ダイエットをしている人は食材のカロリーオフのご案内

ダイエットを実践している方に多くみられるのは、たとえば、カロリーオフという言葉です。

このカロリーオフという言葉に過信しすぎる人が多いのは、当然の事ですが、カロリーオフ・イコールカロリーゼロという事ではありません。

つまり、通常のものよりも、20パーセント程度のカロリーが抑えられているという事ですが、そのカロリーオフという言葉を過信して、いくらでも摂って良いと判断する事は危険で、カロリーオフであっても、必要最低限の使用をお勧めします。

これと同じ事で、オリーブオイルが体に良いという事は周知の事ですが、出来る限り、ダイエット中の人は、少量を上手く使う事が必要です。

それでは、どのような調理法が良いのでしょう。

例えば、オリーブオイルを使っての、野菜炒めを作るとしても、野菜から出る水分で、充分、野菜類は柔らかくなるという事を頭に置いて、小さじ一杯程度のオリーブオイルをフライパンにひき、次に、硬い野菜類を入れ、最後に、火の通りやすい野菜を入れて、極力、炒める時間を短くしてみましょう。

半生状態に近くても、水分がなくなれば、すぐに火を止めて、暫く、ふたをして蒸し焼き状態にしても良いし、レンジで少し温めるようにすると、シャキッとして、野菜本来の栄養分も損なわれる率が低い油摂取量の少ない一品が出来上るのです。

この方法は、ほうれん草等の茹で方法も同様で、火が均一に通りやすいとされるフライパンに、大匙一杯程度の水に一つまみの塩を入れて、カットしたほうれん草を入れて、まだ、全体に生状態のように感じる状態で火を止め、フライパンの中のほうれん草を一回しする程度で水にさらし、軽く絞るだけで、充分に湯がいたほうれん草の出来上がりとなり、ビタミンも損なわれずに、美容効果抜群の野菜を摂る事が出来るので、その方が、美しく痩せる事にも繋がって行くのです。

又、ダイエットにお勧めの食材の一つとして、キノコ類は有名ですが、その中でも、注目は、矢張り、エノキダケの存在でしょう。

このエノキダケは、現在、関西大学の教授の研究により、冷凍保存の方法を大きく変える食品としても注目を浴びていて、従来の冷凍では、水分が抜け落ち、パサついて食べる事が出来なかった食材でも、エノキから抽出した液と水を合せた液体に漬けると、元のままの触感を残した冷凍品が可能となるようです。

そのエノキを、適当にカットして軽く湯がいた物と、同量程度の水を加え、ミキサーにかけて、ドロドロの液体にしたものを製氷機に流し入れ、冷凍した物を、必要に応じて、製氷機でカットされた数個を、お味噌汁や、煮物、その他、調味料の補助といった形で利用する事により、空腹感を抑えるだけでなく、カロリーの低い、ダイエット中の人にお勧めの一品が手軽に出来上がるのです。

勿論、エノキを軽く茹でたり、炒めたりした物に、トマトや薄揚げをいれ、酢の物にしても、ダイエットには最適の食卓の一品となるのです。

間違ったダイエット食をとる事無く美しくダイエットする事を目指しましょう。